利息制限法では、最高利率の取り決めを以下のように定めています。

    * 元本10万円未満場合は年20%
    * 元本10万円以上100万円未満の場合は年18%
    * 元本100万円以上の場合は年15%

一方、出資法では、「年29.2%を超えて貸し付けた場合、5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金またはこれらが併科される」 と定められています。

そして、この利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間の金利を、いわゆる「グレーゾーン金利」と言います。

このような状態の中、出資法を改正し「グレーゾーン金利」を撤廃する動きになっています。また、この法改正を先取りし、 上限金利を利息制限法の範囲内に引き下げた貸金業者も出てきています。

元々、法の抜け道的な状態となっていた「グレーゾーン金利」を撤廃するという動き自体は当然の流れと言えますが、 最高利率が引き下げられていくという点については、賛否両論分かれるところです。

金利を下げれば、審査基準も変更せざるを得なくなり、必然的に審査は厳しくなります。それによって、 これまでキャッシングを利用していた人が利用出来なくなったり、また限度額を下げられる人が増えるでしょう。

このあたりのバランスは非常に難しく、これからも永遠のテーマとして議論されていくでしょう。

posted by キャッシングカードローン!即日低金利プラス親近感キャッシング探しの旅-harajuku at 15:19 | 即日キャッシング!即日低金利プラス親近感街角キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。