融資条件の交渉

融資条件の交渉というと仰々しいのですが、簡単に言えば少しわがままを言えばいいだけです。


でも、単に金利を下げろ!といっても簡単には下げてくれないのでちょっとした工夫が要ります。

まず、融資条件の交渉を開始する前に審査の流れをすこしおさらいしておきましょう。

審査の流れで解説しましたが、審査結果の大部分はスコアリングシステムで判断されています。でも全てをスコアリングシステムが決めているかというとそうではありません。
スコアリングシステムの結果を基本とし、その前後一定の範囲内で人間が判断するという会社が多いと思います。

したがって、融資条件を交渉したからといって大幅に審査結果が覆ることはありませんが、希望していた金額まであと少しとか、あと1〜2%でも金利が下がればいいなと思う時には十分交渉してみる余地があります。


融資条件の交渉のしかた

どのように言えばいいのかわからないという人もいると思いますので具体的に解説します。



まず、2〜3社とも審査結果を聞いただけの状態になっていますので、一番条件が良かったところを選び電話をします。

もし、担当者が困りだしたら・・他社にも申込みしていることを打ち明け、天秤に掛けていることを話してみます。
「実は他社にも申込みしていて、そっちの方は金額は十分融資してもらえそうだし、金利もおたくより少し安いんだけど、毎月の返済を考えるとあとあと苦しくなりそうなんで、おたくが○○万(審査結果のプラス50万以内の金額くらいで!)までで金利○%くらいにしてくれたら、おたくを利用させてもらうんだけど・・」という具合に言ってみて下さい。

金融会社は競争が激しいので天秤に掛けられるとわかると弱くなります。「では、もう一度審査しなおしてみます。」と意外とすんなり再審査してくれます。

ここまで言ってみて、担当者の反応に全く交渉の余地がみられない場合には、会社の規定やシステム自体が原因で交渉に応じられないという可能性が高いと思われます。
この場合はいくら交渉したとしても、全くの無駄にしかなりませんので、早々に交渉を中断しましょう。


うそでいいので、先ほど聞いた審査結果の金額では必要な金額に足りないから、あと少しどうにかならないかと言ってみます。
※この一言で再度審査させていただきますというかも知れませんが、断られたと仮定して・・

「これ以上どうにもならないのであれば、借りる意味が無いのでなかったことにして下さい」とこちらから一回断ってみます。







posted by キャッシングカードローン!即日低金利プラス親近感キャッシング探しの旅-harajuku at 10:57 | TrackBack(0) | 即日キャッシング!即日低金利プラス親近感街角キャッシング

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。