特定調停


特定調停による借金整理は、任意整理と同様に新たに
返済計画を立て、無理のない範囲での分割返済を目的とします。

任意整理の場合、 通常は弁護士等が債務者の依頼を受けて、
賃金業者等の債権者と交渉します。しかし、特定調停では
裁判所の調停委員の協力を受けながら、債務者本人が債権者と
話し合い、交渉を行います。

交渉の場では、調停委員が利息制限法の引き直し計算に基づき
債権者へ合意のあっせんを行います。
但し、裁判所のあっせんには拘束力がないため、債権者の合意が
得られなければ、ほかの方法を考えなくてはなりません。

【特徴】
・債務者本人で債権者と交渉を行う
・裁判所の調停委員が協力する
posted by キャッシングカードローン!即日低金利プラス親近感キャッシング探しの旅-harajuku at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 知っておく知識
20歳以上で定期的な収入があれば誰でも利用できます(ただし、学生ローンは18歳以上でも可)。アルバイト、パート、自営業の方でも問題ありません。

また、所得のない専業主婦の場合も夫が働いていれば利用することができます。通常は無担保で保証人も不要です。また、カードの発行手数料や年会費も通常必要ありません。

ただ、自営業者の方に関しては、「1年以上の定期的な収入」という条件が付く場合もあるようです。とはいうものの、結局、ほとんどの方は利用することが出来るということです。そういう意味では審査の敷居はますます低くなってきているものの、あくまでも借りる前に事前に利息計算をしない方は借りてはいけないと思います。
posted by キャッシングカードローン!即日低金利プラス親近感キャッシング探しの旅-harajuku at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っておく知識
消費者金融とは、借入れる人の信用のみでお金を貸してくれる金融機関で、 無担保・無保証の即日簡単融資が特徴です。銀行などと違って、現金(預金)を預からない金融機関で「ノンバンク」とも呼ばれており、もともとはサラリーマン専用の金融機関としての「サラ金」として始まったものです。

近年は、活発にテレビCMをやっているので、身近な存在になってきたように感じますが、実は、昔のサラ金時代のイメージとしては、「あくどい高利貸し」のイメージが残っていて、実際に自殺者が出るなど色々な事件もありました。
それは最近でも大きく変わっていないように見受けられます。借り先を見誤ると非常に怖いことになる可能性があります。

契約時は、銀行やクレジットカードに比べ簡素で、即日融資されると言うのが大きな特徴です。金利も各消費者金融会社によって様々で、最近では10%以下の金利で融資する会社が多くなっています。

自動車ローンや住宅ローンなどと違い、 使用目的に制限がなく自由に使うことができるますので、急な出費でお金が必要になった時や、「ちょっとお金が足りないな……」という時に役立ちます。ちょっと借りてすぐ返す。この基本だけは忘れてはなりません。

posted by キャッシングカードローン!即日低金利プラス親近感キャッシング探しの旅-harajuku at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っておく知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。